システム ベット カジノk8 カジノ三越伊勢丹ホールディングス社長・細谷敏幸さん(58)「顧客一人一人を深く知り、つながる」仮想通貨カジノパチンコスマホ 無料 スロット アプリ

システム ベット カジノk8 カジノ三越伊勢丹ホールディングス社長・細谷敏幸さん(58)「顧客一人一人を深く知り、つながる」仮想通貨カジノパチンコスマホ 無料 スロット アプリ

システム ベット カジノk8 カジノ三越伊勢丹ホールディングス社長・細谷敏幸さん(58)「顧客一人一人を深く知り、つながる」仮想通貨カジノパチンコスマホ 無料 スロット アプリ

z casino onlinek8 カジノ

nexus7 2012 パチスロ――令和3年4月の社長就任以降を振り返ると

 「中長期の戦略はグループで作り上げ、経営のPDCA(計画・実行・評価・改善)サイクルもこの戦略に沿って回っている。努力したのは対話の仕組み作りだが、戦略が従業員にとって腹落ちするものとなるように座談会を数多く行った」

インタビューに応じる三越伊勢丹ホールディングスの細谷敏幸社長=東京都新宿区(森田晶宏撮影)

――「百貨店事業の再生」を掲げている

 「従来型のビジネスモデルでは厳しいとみている。百貨店の強みを最大限生かしながら、再生を進めることを目指す。マーケティングを『マス』から『個』へと転換することで顧客をより深く知り、一人一人に新しい提案を行っていく」

――従来型のビジネスモデルでは厳しい、とは

 「競合相手が増えたことに加え、スマートフォンの普及で消費者は買いたいものを事前に検索するようになった。店舗に人を集めるだけではなく、一人一人の顧客と(アプリなどの)デジタルや外商、グループのカードでつながっていく」

――旗艦店の伊勢丹新宿本店は好調だ

 「ポイントは2つある。顧客の関心を探りながら提案を行うことで買い上げ率が上がり、外商改革の効果などで1人当たりの買い上げ金額も上がった。本店の売上高は平成3年度の約3040億円が過去最高だが、令和4年度は更新する見通しだ」

――訪日客の消費には回復基調がみられる

 「三越伊勢丹では(コロナ禍前は)免税売上高の約8割を中国本土からの訪日客が占めていた。(中国人客の本格回復の時期が見えにくい中でも)他の国・地域からの訪日客による免税売上高でカバーが進みつつある」(森田晶宏、写真も)

仮想通貨カジノパチンコjfa ルール ブック

コメントを残す

業界連盟:k8 カジノ パチスロ 花火 k8 カジノ パチンコ情報 k8 カジノ |Feed | RSS | sitemap.html | Sitemap